まるわかりバストアップの秘密・方法

サイトのサブ解説文をここに入れる

メインキーワード・TOP > バストの仕組み
バストの仕組み

バストアップを目指す前に、バストの仕組みのついて知っておくのも大切です。
バストの内部には、乳首から胸に向かって無数の乳腺が走り、その周りに乳腺脂肪体がついており、更にクーパー靭帯が乳腺や乳腺脂肪体をまとめて引っ張り、大胸筋が支えているという構造になっています。
そして、乳腺や乳腺脂肪体を引っ張りあげるクーパー靭帯が緩むと、バストが重みを維持できなくて下に垂れてきます。

乳腺は出産後に赤ちゃんにあげる母乳が作られる場所であり、数は生まれつき決まっていますが、人によって異なります。
乳腺は女性ホルモン量の増減に影響を受け、女性ホルモンが増えると刺激され、太くなってバストが膨張します。
女性ホルモンには、月経や排卵を起こすエストロゲンと、妊娠、出産に関するプロゲステロンの2種類があります。
よく妊娠するとバストが大きくなりますが、これは乳腺を発達させて母乳を作り出すためにプロゲステロンが多量に分泌をし続けることによります。

乳腺脂肪体は乳腺を保護する作用があり、脂肪体がバランスよくついていると適度にバストにハリや丸みが出ます。
大胸筋は、バストをしっかり支える役割がありますが、日常的にはあまり使われない筋肉なので、バストを維持するには適度に鍛える必要があります。
年齢を重ねるごとに女性ホルモンの分泌量が減っていくので、バストの乳腺や脂肪の比率も変化していき、バストが横に流れたり、下に垂れやすくなります。
また肌の潤いを維持するコラーゲンなどの減少により、肌は潤いや柔軟性を徐々に失うので、バストのラインが崩れやすくなったり、下着の跡がつきやすくなります。
加齢と共にバストが垂れたり小さくなってしまうのは否めないので、バストを若々しく保つためには日頃からバストアップケアを行なうことが必要です。

関連エントリー
Copyright © 2009 まるわかりバストアップの秘密・方法 . All rights reserved